ドローンジョプラス入会規約


総則

本規約は、ドローンジョプラスの一員として活動するすべてのドローンジョプラスメンバーが、安全に、のびのびと活動できるようメンバー同士及びメンバーと株式会社AIR(以下「当社」といいます。)との間で約するものになります。


当社は、メンバーに対する事前又は事後の通知なしに本規約を改定できるものとし、本規約の改定後は、改定後の本規約を適用するものとします。 なお、メンバーが本規約の改定後にドローンジョプラスとして活動した場合は、メンバーは変更後の本規約に同意したものとみなします。

第1条(定義)
「ドローンジョプラス」(DRONE-JO+)とは、当社が運営する、女性ドローンチームの名称及びその活動全般(チーム内のコミュニティ、情報交換の場、勉強会等)をいいます。なお、ドローンジョプラスの名称を使用した活動(ドローンの操縦及び対外業務、SNSサイト発信、コミュニティ内での情報発信等を含みますが、これに限定されません。)をドローンジョプラス活動といいます。


「ドローン」とは、飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船その他構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるものをいいます。航空法の無人航空機を含みますが、これに限定されません。


「ドローンジョプラスメンバー」(以下「メンバー」といいます。)とは、本規約に同意して当社が定める方法によりドローンジョプラスに入会を申し込んだ者のうち、当社が承認した者をいいます。


「SNSサイト」とは、Facebook、twitter、またはその他のソーシャル・ネットワーキング・サービスで、コンテンツの公開、友人関係の開示、メンバー認証、などの機能を持ち、ドローンジョ活動内で利用されるサイトおよびサイト上のサービスを意味します。

 

「ドローン勉強会」とは、当社が運営するドローンの初級講習を行う集合型のイベントを意味します。なお、当社が認めた場合には、本規約に同意していない者でも参加可能です。

 

「ドローントレーニング」とは、当社が実施する知識検定、実技検定、面談等で構成されるテスト、検定試験を意味します。

 

第2条(加入)

メンバーになることを希望する者は、「ドローン勉強会」に1回以上参加し、「ドローントレーニング」を受講することで、メンバーとなることができます。ただし、以下の事由があると判断した場合、メンバーとして承認しないことがあります。なお、承認しない理由については一切の開示義務を負わないものとします。

(1)利用登録の申請に際して虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合

(3)未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人,後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合

(4)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。)である,または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合

(5)その他、当社がメンバーとして相当でないと判断した場合

 

第3条(会費)

1.ドローンジョプラスとして活動するための加入した月の3か月後から毎月3000円の会費が発生します。ただし、2019年12月分までは0円とします。

2.メンバーは当社が指定した方法で、月末までに翌月分の会費を支払うものとします。

 

第4条(ドローンジョプラス活動)

1.当社は、全てのドローンジョプラス活動について、当社のウェブサイト等でドローンジョプラスの活動実績として掲載し、広報できるものとします。

2.メンバーはドローンジョプラス活動の一環として、当社以外の第三者(個人、法人、地方自治体、等の行政機関、学校等の施設を含みます。)から、有償無償を問わず活動の依頼があった場合、予め当社に通知するものとします。なお、前項の第三者が、第1項の活動実績の掲載や広報を希望しない場合は、その旨及び理由も併せて当社に通知するものとします。
3.当社はドローンジョプラス活動の一環として、メンバーに対し有償で業務を委託する場合があります。この場合、メンバーは自らの責任で業務を受託するか否かの判断をするものとし、内容は都度定めるものとします。


第5条(禁止事項)
1.メンバーは、ドローンジョプラス活動の利用にあたり、以下の行為を行ってはなりません。以下の行為を行いトラブルとなった場合、当社は一切の責任を負いません。
2.メンバーが以下のいずれかに該当する行為を行ったことにより、当社が何らかの損害を被った場合、当社はメンバーに対して損害賠償の請求ができるものとします。

(1)法令、本規約または公序良俗に違反する行為

(2)詐欺等の犯罪行為に関連する行為

(3)ドローンジョプラスの運営を妨害するおそれのある行為

(4)他のメンバーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為

(5)他のメンバーに成りすます行為

(6)反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為

(7)当社、ドローンジョプラス活動、ドローンジョプラス活動の他のメンバーまたは第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー,名誉その他の権利または利益を侵害する行為

(8)過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を投稿または送信する行為

(9)営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当社の認めたものを除きます。)、ポルノ、売春、風俗営業、これらに関連する内容の情報を開示する行為、その他ドローンジョプラス活動が予定している利用目的と異なる目的で利用する行為

(10)宗教活動または宗教団体への勧誘行為

(11)当社、他のメンバー、その他の第三者の情報を改ざん、消去する行為

(12)当社、他のメンバー、その他の第三者の設備を不正に利用し、またはその運営に支障を与える行為

(13)ドローンジョプラス活動を不正の目的をもって利用する行為

(14)メンバー資格を他のメンバー、その他の第三者に譲渡、貸与、共用する行為

(15)その他、当社が不適切と判断する行為

 

第6条(知的財産権等)

1.当社およびドローンジョプラス活動を構成する素材(文字、写真、映像、音声等を指し、以下「コンテンツ素材」といいます)に関する一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は当社または当該権利を有する第三者(起案者等含むがこれに限らない)に帰属しています。 本規約に定める登録に基づくドローンジョプラス活動の利用許諾は、当社ウェブサイトまたはドローンジョプラス活動に関する当社または利用許諾を有する第三者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。 メンバーは、いかなる理由によっても当社または利用許諾を有する第三者の知的財産権を侵害する一切の行為をしてはならないものとします。
2.当社ウェブサイトまたはドローンジョプラス活動において、メンバーが投稿その他送信を行った文章、画像、動画、音声、その他のデータについては、当社において、無償で自由に利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することができるものとします。
3.メンバーはドローンジョプラス活動において、第三者の権利を侵害してはなりません。プロジェクトによって権利を侵害されたと主張する第三者に対し当社が支払った金銭については、当該第三者の主張が著しく不合理である場合を除き、全額起案者に請求いたします。
4.本規約に違反して問題が発生した場合、メンバーは、自己の費用と責任において問題を解決し、当社及び他のメンバーに何等の迷惑または損害を与えないものとします。
5.メンバーは、自己のドローンジョプラス活動について、当社、他のメンバーその他の第三者の名誉その他の権利ないし利益を侵害するものでない限り、インターネットおよびSNSサイト上で活動報告を掲載することができます。ただし、有償無償を問わず雑誌やテレビ等第三者のインタビューや取材、書籍等で情報発信する際は、当社に予め通知するものとします。
6.メンバーが個人で活動した場合を除き、ドローンジョプラス活動に関連する取材で撮影した写真・映像、録音した音声等に関する一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は、当社に帰属するものとします。

第7条(利用制限および登録抹消)
1.当社は、以下の場合には、事前の通知なく、利用の制限、またはメンバーとしての登録を抹消することができるものとします。

(1)本規約の条項に違反した場合

(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

(3)メンバーに対し、差押、仮差押、仮処分、強制執行、破産、民事再生、会社更生または特別清算の手続開始決定等の申立がなされたとき、または、メンバーが自ら破産、民事再生、会社更生、特別清算の申し立てをした場合

(4)その他、当社がドローンジョプラス活動の利用を適当でないと判断した場合

(5)第4条第2項に該当する場合

(6)ドローンジョプラスの名義を不正に使用しまたは第三者に使用させた場合

(7)当社、他のメンバー、SNSサイト事業者その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的または方法でドローンジョプラス活動を利用し、または利用しようとした場合

(8)手段の如何を問わず、ドローンジョプラス活動の運営を妨害した場合

(9)会費を2ヶ月連続で滞納した場合。

(10)ドローンジョプラス活動が1年以上ない場合

(11)その他ドローンジョプラスとして適当でないと当社が判断した場合
2.当社は、本条に基づき当社が行った行為によりメンバーに生じた損害について、一切の責任を負いません。

第8条(保証の否認および免責事項)

1.メンバーは自らの責任に基づいてドローンジョプラス活動を行うものとします。
2.当社は、メンバー及び第三者間で生じたトラブル(違法または公序良俗に反する行為の提案、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等)に関して、一切の責任を負わないものとします。
3.当社は、ドローンジョプラス活動に起因してメンバーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、ドローンジョプラス活動に関する当社とメンバーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。
4.前項ただし書に定める場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりメンバーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはメンバーが損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりメンバーに生じた損害の賠償は、金10万円を上限とします。
5.当社は、ドローンジョプラス活動に関して、メンバーと他のメンバーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。
6.メンバーは、ドローンジョプラス活動の利用に関連して課税が生じることがあることを理解してドローンジョ活動を利用するものとします。当社は、メンバーの税務又は会計に関する事項について何らの判断を行わず、また一切の責任を負わず、メンバーが自らの費用負担と責任において確認及び対応するものとします。
7.ドローンジョプラス活動は、SNSサイトと連携することがありますが、かかる連携を保証するものではなく、ドローンジョプラス活動においてSNSサイトと連携できなかった場合でも、当社は一切の責任を負いません。ドローンジョプラス活動がSNSサイトと連携している場合において、メンバーはSNSサイトの利用規約を自己の責任で遵守するものとし、メンバーと当該SNSサイトを運営するSNSサイト事業者との間で紛争等が生じた場合でも、当社は当該紛争等について一切の責任を負いません。
8.当社は、メンバーがドローンジョプラス活動を利用する際に発生する通信費用について、一切負担しないものとします。
9.メンバーは、ドローンジョプラス活動に関連して課税が生じることがあることを認識してドローンジョプラス活動を利用するものとします。当社は、当該課税に関し一切関与しないものとし、課税の有無や課税額等については、メンバー自らが、自らの責任で確認および対応するものとします。

第9条(サービス内容の変更等)
当社は、メンバーに通知することなく、ドローンジョプラス活動の内容を変更、追加、または廃止しまたはドローンジョプラス活動の提供を中止することができるものとし、これによってメンバーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第10条(権利義務の譲渡の禁止)
1.メンバーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡、移転、または担保に供することはできません。
2.当社は、ドローンジョプラス活動にかかる事業を第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにメンバー登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、メンバーは、かかる譲渡につき予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、会社分割その他包括的な事業の移転を伴う一切の場合を含むものとします。

第11条 (個人情報)
1.当社は、メンバーから提供された個人情報をドローンジョプラス活動の提供に必要な範囲および当社のプライバシーポリシーで定められた目的の範囲で使用することができるものとし、メンバーは、このプライバシーポリシーに従って当社がメンバーから提供された個人情報を取扱うことについて同意します。
2.メンバーは、当社に個人情報を提供する場合その他ドローンジョプラス活動を利用するに当たり、個人情報の保護に関する法律を遵守しなければなりません。

第12条 (連絡・通知について)
1.メンバーは、ドローンジョプラス活動に関する案内・告知、連絡・通知は、SNS、Eメール等当社の定める方法でメンバーに対して配信することを了承するものとします。
2.当社のメンバーに対する通知は、メンバーが当社に通知した連絡先に発信することにより、メンバーに通常到達すべきときに到達したものとみなします。

第13条 (届出事項の変更等)
メンバーは、会員登録の際に当社に提供された登録情報に変更があった場合は、遅滞なく当該変更事項を届け出るものとします。

第14条 (退会)
1.メンバーは、当社所定の手続きによりドローンジョプラス活動から退会し、メンバーとしての登録を抹消することができます。
2.メンバーが死亡した場合、もしくは本人のメンバー資格の利用が不可能となる事由があった場合は、当社は、当該メンバーがその時点で退会したものとみなします。

第15条 (秘密保持)
1.本規約において「秘密情報」とは、利用契約またはドローンジョプラス活動に関連して、メンバーが、当社より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供・開示された、もしくは知り得た、当社の技術、財務、組織、営業、業務、その他全ての事項に関する情報を意味します。
2.メンバーは、秘密情報をドローンジョプラス活動の利用の目的のみに利用するとともに、当社の書面による承諾なしに第三者に当社の秘密情報を提供、開示または漏洩しないものとします。
3.前項の定めに拘わらず、メンバーは、法律、裁判所または政府機関の命令、要求または要請に基づき、秘密情報を開示することができます。ただし、当該命令、要求または要請があった場合、速やかにその旨を当社に通知しなければなりません。
4.メンバーは、秘密情報を記載した文書または磁気記録媒体等を複製する場合には、事前に当社の書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については第2項に準じて厳重に行うものとします。
5.メンバーは、当社から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載または包含した書面その他の記録媒体物およびその全ての複製物を返却または廃棄しなければなりません。

第16条 (有効期間)
1.利用契約は、メンバーについて第3条に基づく登録が完了した日に効力を生じ、当該メンバーの登録が取り消された日またはドローンジョプラス活動の提供が終了した日のいずれか早い日まで、当社とメンバーとの間で有効に存続するものとします。

2.ただし、第6条第2項(禁止行為)、第7条(知的財産権)、第9条(保証の否認および免責事項)、第12条(個人情報)、第16条(秘密保持)、第18条(一部無効等)、第19条(準拠法・裁判管轄)については、退会後も効力を有するものとします。

第17条 (一部無効等)
1.本規約の一部の規定の全部または一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該規定は元の意思にできる限り沿うように解釈されるものとし、当該規定の無効部分以外の部分および本規約のその他の規定は有効とします。
2.本規約の規定の一部があるメンバーとの関係で無効とされ、または取り消された場合でも、本規約はその他のメンバーとの関係では有効とします。

第18条 (準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。ドローンジョプラス活動および本規約に関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所を専属的合意管轄とします。

以上

2019年1月1日 制定

2019年2月1日 改訂(呼称の修正)

 

TOPへ