分析から効率化まで、農業の新しい可能性をひらく!ドローンが稲の健康診断!

その他

稲の“健康診断”ドローンで ヤンマーとコニカミノルタが新会社   稲の健康診断、、、ってなんぞや? ということでチェックしてみたよ٩(๑>؂<๑) トラクターなど農機の製造・販売を行うヤンマーと コピー機、複合機、プラネタリウムなども手がけるコニカミノルタが 9月29日、ドローンを使った農作物の生育状況診断サービスを提供する 合弁会社「ファームアイ」を10月1日付で設立(*´ω`*) ファームアイの設立の目的は「農家の勘や経験値を“見える化”すること」( ・ㅂ・)و ̑̑ 経験が少ない農家でも、ドローン に指示を出せば、 データに基づいた的確な農作業が行えるようになって生育データを一元管理し、 収穫期を見定め、市場ニーズに応じた作物を栽培・出荷できるようにしたい! というのがフォームアイの吉田社長の構想٩(ˊᗜˋ*)و まさに稲の健康診断をドローンが出来るような仕組みが出来はじめてるってことヾ(๑⃙⃘´ꇴ`๑⃙⃘)ノ これからはじめていく人も長年の農家の知恵を借りて出来るから まさにみんなで農業を盛り上げていけるサービスにドローンが役立てる可能性♪♪ 今、様々な業界でも注目され、実際に導入がすすんでいるドローン(●´ω`●) 広大な土地で行う農業の現場にドローンが飛び交うのが日常で当たり前になる日も来るかも(´∇`)]]>

関連記事一覧