ドローンの未来が見えた!KDDIの「スマートドローン」構想と、実験の成果について

お仕事

電波やバッテリーに関係なく、どこまでも飛んで欲しい… 前回の記事「ドローンの飛行距離については電波の届く距離と、バッテリーの持続時間が課題となる」 というお話でした。 その距離は1km、時間は30分くらい…これが現状のドローンの姿ですね。 けど、私たちがイメージする未来はドローンが飛び交い、 「どこまでも飛んでゆく」 世界なんです!(強気) そこで、改めてこのニュースをご覧ください♪♪♪ 参考記事: ドローンは「どこまでも飛んでいける」 長距離自律飛行・無人充電実験にKDDIが成功    

KDDIが提唱する「スマートドローン」構想とは?

そもそも、スマートドローンってなんででしょう?
モバイル通信ネットワークを活用した、長距離自律飛行

スマートドローン | KDDI株式会社

を指すそうです。 KDDIの携帯通信ネットワークを利用することで、運用が可能になるとのこと! つまり、KDDIの電波を使えるということなんですね~。なるほど! 将来的には切れ目なく、全国飛ばせるようになるということでしょうか?(゚д゚)! そしてさらに驚きなのは、バッテリーの話! auの携帯基地局をドローンが自動充電可能なポイントとして使えるようにするそうです。 その名も、「ドローンポート」! マコちゃんが好きそうな名前ですね(笑) さらに発着地点の名前は「ドローンステーション」!

ついに長距離飛行に成功☆

実際に今回のニュースでは、新潟にてLTEに繋がるドローンを用い、 総距離6.3kmの「目視外長距離飛行」をしたというのですから驚きです。  

「今回は満充電しなかったが、ドローンポートで仮に満充電すれば、あと20キロは航続距離を延長できる。この実証実験でどこまでもドローンを飛ばすことができるという手応えを感じた」 (KDDI 山本泰英 執行役員常務 商品・CS統括本部長)

  2018年には過疎地にて、ドローンによる宅配の実用化 そして2020年にはより一般化させてゆくそうですから、もう未来はすぐ近くまで来てますね!! 将来は、長距離飛行、落ちないドローンが当たり前! これからの発展が楽しみです(^o^)  ]]>

関連記事一覧