コラム ドローンって??

日本特別仕様!DJIの超コンパクトドローン「Mavic Mini」新発売!海外との違いは?

2019年10月31日

先日の記事でも取り上げていましたが、DJIの新しい機体が発表となりました!

噂通り、その機体は「Mavic Mini」です☆

DJI「Mavic mini」が発表されるかも!?現在までのウワサをまとめました☆

 

「手のひらサイズのコンパクトドローン」
ということで、話題になることは間違いありませんね!

これまでのMavicシリーズの大きな特徴である「折りたためる」という利点をそのままに
さらに小型化に成功しています。

Telloよりは少し大きいようですが、純粋なDJI製のドローンとしては最小サイズ!

[スペック]

重さ:249g
サイズ:折りたたみ時140x82x57mm、飛行時245x290x55mm

3軸ジンバル、2.7K動画撮影可能。GPS搭載。

最大飛行時間:30分

予備バッテリーやプロペラガードも付く「Fly More コンボ」あり。

 

このスペックだけでも驚きなのですが、
話題になっている理由はそれだけではありません…

なんと!

と言っても、この記事のタイトルに書かれているのでネタバレしていますが(笑)

 

日本発売分は特別仕様!が用意されているのです!!!驚き!!

重量:199g
最大飛行時間:18分

 

明らかに日本の航空法を意識した構成となっています。
この話を聞いた時に

「同じMavic Miniなのに、日本だけ重さが違う…なんで!?」

って思ったんですが、バッテリーのみが異なるようですね。
なので重さと同時に飛行時間も短縮されている、ということです。
日本以外の国では100gのバッテリーが使われているんですが、その容量を半分(50g)にしているんですね。
なるほどー!
その手があったか!って感じです。
飛行時間が短くなるのは残念ですが…うーん、がんばってバッテリーを複数用意しましょう!

これにより、
アメリカでの規制にギリギリ引っかからない249g
日本の規制にギリギリ引っかからない199g
という嘘みたいな奇跡のような機体が誕生しました。

やっぱり奇跡というか、夢のような話だといまこれを書いていて思います(笑)

※ただし、軽い分風に流されるなどの安定性は得づらいこともお忘れなく
それに200g未満だからといっても、飛行する場所によっては許可を得る必要があったりします。
なんでもありではありませんので~

 

本日(2019年10月31日)からDJI公式サイトにて販売がスタートするみたいですよ!
いよいよですね☆

 

DJIストア【公式】

 

※2019年11月3日 追記※

「ドローン図鑑」にもMavic miniが追加されました♪

Mavic mini

各種コンテンツ

TOPへ