驚きのニュースが入ってきました!

あの関西空港にてドローンが目撃された疑いがあり
11月7日の夜に離着陸が中止となる騒ぎが起きました。

関空でドローン?目撃情報、滑走路閉鎖で一時離着陸中止

ドローン目撃 関空離着陸停止 一部の便 行き先変更

7日の夜22:10に着陸しようとしたパイロットから「ドローンのようなものを見た」との通報が入り、
その5分後の22:15には滑走路が閉鎖されるという緊急事態となりました。
一時は安全を確保されたため業務を再開したのですが再度ドローンが出現したとの連絡を受けて2度目の閉鎖に!
閉鎖された間に関空に向かっていた飛行機は目的地を変更し、中部国際空港など他の空港に急遽着陸せざるを得なかったようです。

しかも調べてゆくと、先月19日にも同様のトラブルが発生していました!

ドローン飛行か、関空滑走路を一時閉鎖

詳細が不明な点もあるのですが、多くの利用者が被害を受けたことは事実。
こういった出来事でドローンのイメージが悪くのは悲しいですね…。

以前の記事でも少し触れましたが
およそ1年前には、イギリスの空港にてドローン騒ぎが発生して空港が閉鎖されたというニュースがありました。

ドローンの悪用を防ぐための対策は?国内や海外の事例から考える☆

あの時は「海外のニュース」という捉え方でまだそこまで重く受け止めきれていませんでしたが
国内で、空港で、あるいは街中で!不審なドローンが出現することって可能性として十分にありえるわけです。

具体的な姿までははっきり分からなくても、夜の空に不審な物体が飛行していて
近づいてくるなどしたら…やっぱり怖いですよね。。

最新技術がもたらしてくれる未来の可能性と同じくらい、
いやそれ以上に!
ドローンを扱うことの怖さや危険についても
しっかり踏まえておきたいものです。

ちなみにドローンかどうかの確認はどうやら難しようで、いずれのケースも「ドローンらしきもの」として報道されています。
飛行物体の把握ですら難しいようなので、操縦者などの情報も不明です。
今回の事件、実はドローンではない…?なんて、無責任なことは言えませんが
空港付近での飛行をもっと厳密に取り締まることや、怪しい飛行物が発見された時に
いち早く特定できるような体制を作りたいですね!

なにか続報が入り次第、報告したいと思います。

日本限定の特別仕様!199gのDJI Mavicシリーズ最新作はトイドローンなのに驚きの画質と安定性!
ドローン業界大注目のDJIの機体が登場しました♪

先日の記事でも取り上げていましたが、DJIの新しい機体が発表となりました!

噂通り、その機体は「Mavic Mini」です☆

DJI「Mavic mini」が発表されるかも!?現在までのウワサをまとめました☆

 

「手のひらサイズのコンパクトドローン」
ということで、話題になることは間違いありませんね!

これまでのMavicシリーズの大きな特徴である「折りたためる」という利点をそのままに
さらに小型化に成功しています。

Telloよりは少し大きいようですが、純粋なDJI製のドローンとしては最小サイズ!

[スペック]

重さ:249g
サイズ:折りたたみ時140x82x57mm、飛行時245x290x55mm

3軸ジンバル、2.7K動画撮影可能。GPS搭載。

最大飛行時間:30分

予備バッテリーやプロペラガードも付く「Fly More コンボ」あり。

 

このスペックだけでも驚きなのですが、
話題になっている理由はそれだけではありません…

なんと!

と言っても、この記事のタイトルに書かれているのでネタバレしていますが(笑)

 

日本発売分は特別仕様!が用意されているのです!!!驚き!!

重量:199g
最大飛行時間:18分

 

明らかに日本の航空法を意識した構成となっています。
この話を聞いた時に

「同じMavic Miniなのに、日本だけ重さが違う…なんで!?」

って思ったんですが、バッテリーのみが異なるようですね。
なので重さと同時に飛行時間も短縮されている、ということです。
日本以外の国では100gのバッテリーが使われているんですが、その容量を半分(50g)にしているんですね。
なるほどー!
その手があったか!って感じです。
飛行時間が短くなるのは残念ですが…うーん、がんばってバッテリーを複数用意しましょう!

これにより、
アメリカでの規制にギリギリ引っかからない249g
日本の規制にギリギリ引っかからない199g
という嘘みたいな奇跡のような機体が誕生しました。

やっぱり奇跡というか、夢のような話だといまこれを書いていて思います(笑)

※ただし、軽い分風に流されるなどの安定性は得づらいこともお忘れなく
それに200g未満だからといっても、飛行する場所によっては許可を得る必要があったりします。
なんでもありではありませんので~

 

本日(2019年10月31日)からDJI公式サイトにて販売がスタートするみたいですよ!
いよいよですね☆

 

DJIストア【公式】

 

※2019年11月3日 追記※

「ドローン図鑑」にもMavic miniが追加されました♪

Mavic mini

今回は、他のドローンジョプラスメンバーから教えてもらった
「テレビでドローンが登場!」
という話のネタをいくつか紹介してゆきます。

まずは実写版ドラマ「サザエさん」のお話!

ドラマ「サザエさん」21歳のイクラ役は稲葉友、新たなITサービス開発し学生起業

ドラマ自体もとっても面白そうで、20年後のサザエさん一家を描いたストーリーになっています。
昔は「ハーイ!」と「バブー!」しか言わなかったあのイクラちゃんですが
今作ではその立派に成長した姿を見せてくれます。
そこで登場するのがドローンなんです☆

「ドローンを使った新しいITサービス」を展開する若き起業家というのが今回のイクラちゃんの役どころ!
もう21才と成長していることだけではなく、ドローンを使ったという最先端のビジネス展開をしているという点がポイントです☆
昔の姿からはなかなか想像できない変化をしています。
大きく成長したイクラちゃんの活躍を見て、驚くタラちゃんやその周りの磯野家のみんな…想像するだけで楽しそうなドラマですね~☆

さすがに20年も経つとみんな大変化している…と思いきや
先ほど紹介した記事を見ると、カツオくんはあまり変わっていないような気も…(笑)

「バブー」からの成長恐ろしい! 21歳のイクラちゃん役は稲葉友、「磯野家の人々」で起業した大学生演じる

ドラマはフジテレビ系で11月24日にオンエアされます。
20年後の姿を描いた内容なので、オリジナルストーリーになるそうですよ。
どんなお話になるか、楽しみですね!

次は、大人気のバラエティ番組「嵐にしやがれ」です!
この番組は「VS嵐」などと並ぶ嵐の人気番組の一つ♪
嵐のメンバーが色んなことにチャレンジしてゆくという内容です。

以前「二宮和也のちっちゃな野望」というコーナーでもドローンが登場したのですが
その時はドローンレースが紹介されました。
もう一年半ほど前の話です。

今回(10月19日放送分)は、ツーリングをドローンでかっこよく撮影しよう!という企画が放送されていました。
ここでの主役は、相葉くん!
そして登場したドローンは「Mavic2 pro」です。
長野県の安曇村をかっこよくツーリングで回りながら、その地の美味しいものを食べたり、現地の人々と触れ合ったりするコーナーでしたが
肝心のドローンは残念ながら雨天のためなかなか活躍できなかったようで…しかも気温も13度だったそうです。

後半は雨が弱まったタイミングもあり、いよいよ撮影可能になるも、録画できていなかったり
雨に機材にとドローンを使ったリアルなアクシデントがいろいろ体験できるロケになったみたいですね~

もちろん、他にもテレビでドローンが登場した・もしくはドローンが使われた!という例は他にもたくさんあります。

今回は詳しく記事にしてはいませんが、「バチェラー」のシーズン3でドローンが登場したというお話も…
こちらはネタバレになるよ!とストップがかかったので今回は内緒にしておきますね(笑)

ただおもしろーい!と見るのも十分楽しいですが、着実にドローンが身近なものとなっていることを感じさせるのは嬉しい!
そんなドローンに詳しい人も、まだまだこれからの人にも送りたいニュースでした☆
ではまた♪

ドローンについてまだ最近知ったばかりの方が最初に思うことの一つって
「どうやったらドローンは飛ばせるの?資格や免許は必要なのかな?」
という点かもしれませんね。

けど、ドローンを飛ばすための特別な資格などは不要!
誰でも飛ばせるけど、飛行時のルールはしっかり守ってね!
というのがドローンについてまず始めに覚えるべきルールなんです♪

このルール、航空法という名前で国土交通省が定めているものです。

よく目にすることも多いとは思いますが、いちばん大事なのはこの3点ですね☆
■空港の周辺
■150m以上の上空
■人家の密集地域
これらは「飛行が禁止されているケース」となります。

また、飛行時のルールとして定められているのは以下の6点です。
※夜間(日出から日没までの間以外)に飛行させない
※目視できない範囲では飛行させない
※人や物件との間に30m以上の距離を保って飛行させる
※祭礼や縁日など不特定多数の人が集まる場の上空で飛行させない
※爆発物など危険物を輸送しない
※ドローンから物体を投下しない

先ほどの「飛行禁止」というのは200g以上の機体の場合のお話ですが、
200g未満の場合も
・撮影によるプライバシーや肖像権の侵害をしない
・私有地で無断飛行しない
・交通の阻害をしない
といった配慮は必要です。
言い換えると、航空法以外でも守るべき最低限のルールはあるということですね。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが
今回は航空法が6月に改定されましたよ!というお話です。
みなさん、追加・修正が行われた内容はチェックされていますでしょうか?

6月13日に衆議院で可決され、成立したという「航空法等改正法」ですが、
いよいよ9月18日から追加となります。
今回追加された項目のポイントをまとめると、下記となります!

・飲酒時にドローンを操縦しない

・飛ばす前には確認!

・他のドローンとはぶつからないように♪

・もちろん、人にも迷惑をかけないように!

という、当たり前ではあるけどとっても大事なことばかりですね。

 

まとめ:ドローンの飛行ルール 最新版!(2019年9月)

新ルールとこれまでのルールを合わせると、次のとおりとなります
つまりドローンの飛行ルールについてはこれら10項目を押さえておけば完璧ですね☆

[1] アルコール又は薬物等の影響下で飛行させないこと
[2] 飛行前確認を行うこと
[3] 航空機又は他の無人航空機との衝突を予防するよう飛行させること
[4] 他人に迷惑を及ぼすような方法で飛行させないこと
[5] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
[6] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[7] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
[8] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
[9] 爆発物など危険物を輸送しないこと
[10] 無人航空機から物を投下しないこと

 

車の運転と同じですよね。
アルコールを摂ったらドローンは飛ばしてはいけません!ということです。

また項目[2]の「飛行前確認」ですが、
飛行前の点検というのは、実は細かく決まっていまして
「国土交通省航空局標準マニュアル」で確認することができます。

無人航空機 飛行マニュアル

各機器のチェックから、音の確認。目視。バッテリー残量。異常な発熱などは無いかといくつかの項目が書かれていますが
普段から必要な項目をチェックしているからこそ、安全で安心な飛行が実現できるんですよね!
ドローンを大事に使っていきたいからこそ、ルールも100%守ってゆきたいものです。

また航空法など、ドローンに関連する法律やルールに変更あればこのサイトでも取り上げてゆきますね☆
ではっ!

 

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
他の記事を読む>>ドローンジョブログ
機体についての情報をチェック!>>ドローン図鑑
>>ドローン情報サイトのトップページに戻る
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

今回の記事はふとした疑問から始まりました!

「ドローンとラジコンって、どう違うの?」

だって、そう思いません?
どちらも手に操縦するための機械を持って、無線で機体を操作する…。
やっぱりどちらも似ているように感じますよね。

まず、直感的に考えると
ラジコン:飛行機のような形をしたもの
ドローン:エックス型(?)で、前後左右、上下に自由に動けるもの。ホバリングもできるもの!
こんなイメージでしょうか。

けど、ラジコンの中には
「ラジコンヘリ」
もありますよね。
大きなプロペラを持つ、ヘリコプター型です。
これだとホバリングも可能で、どうやらドローンに非常に近いような気も…
となると、重要な違いはプロペラの数でしょうか?

ちなみにラジコンというのは
ラジオ コントロール(radio control)
の略…ではあるんですが、実は「ラジコン」という言葉は商標登録されているそうです。
なので英語のradio controlを略して「RC」という言葉で表すメーカーが多いんですね。

そんなことを追っていると混乱してきましたが、さらに調べてみるといろいろ分かってきました!
参考にしたのは、こちらのサイトです。

ドローンとラジコン飛行機の違いは何?

自由自在に位置を変え、ホバリングもできるドローンの特徴を生み出しているのは
どうやら「ジャイロセンサー」という機能にあるようです☆

ジャイロセンサーがドローンのわずかな動きを検知する

これはドローンが普及した理由にもつながってくるのですが、
スマートフォンにもともと使われていたジャイロセンサーの技術が転用されているんですね。
このジャイロセンサーという機能は、あのポケモンGOや地図アプリで使われているもので
スマートフォンを少し傾けただけで動きを検出することができます。
アプリを使わなくても、画面を横向きにするとクルッと回転する、あの機能です。
なるほど、動画を見る時にいつもお世話になっていたんですね~!

空中にいるドローンもまったく同じ理屈で、風で傾いた機体を水平に保つために
ジャイロセンサーがいつも働いているのです。

ちなみにドローンにはジャイロに関するセンサーだけではなく
気圧センサー
GPS
なども搭載されています。
またどこかでセンサーに関することをまとめて記事にしてみても面白いかもしれませんね!

ラジコンとの違いは、「自律性」にあった!

ではラジコンはどうかというと、機体の傾きなどの調整は手元で操縦しながら行うことになります。
つまり自分の手で直すわけですね。

どうやら、ここにポイントがあるようです。
まとめますと…。

ラジコン:手動で操縦するもの
ドローン:(ある程度)自動で飛行するもの。全てを操縦でカバーする必要は無い

手動か、自動か
ということですね!
もう少し専門的な言葉で「自律性の有無」と言ったりもします。

もう少し詳しい説明が必要な方は、下記リンクもどうぞ♪

オートバックス・ドットコム ドローン基礎知識

ドローンとラジコンヘリの違いを知っていますか?

ドローンの場合はスマートフォンから操作できるものもあるとか
自動と言えばプログラミングで飛ばせるとか
無線の周波数の違いやリターントゥホームの機能もある、など細かい点はいろいろありますが
自律性について知っておくと、ドローンの特徴について理解が深まりますね!
このおかげでドローンは操縦しやすいものとなったり、幅広い使われ方をするわけです☆

もっと技術が進歩すると、ドローンは自動飛行が当たり前!となりそうですね。
「昔はみんなドローンを手で操縦してたんだよ…」
って言われたりして(笑)

今回はドローン側の話が多くなったので、ひょっとしたらラジコンにも自律飛行を行うものなどあるのかもしれませんが
一般的なものとして、調べた範囲で分かったことを書かせて頂きました!
では、また☆

 

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
他の記事を読む>>ドローンジョブログ
機体についての情報をチェック!>>ドローン図鑑
>>ドローン情報サイトのトップページに戻る
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

自動車に関する最新の技術やデザインについての情報を紹介するという、歴史あるあの「東京モーターショー」にて
ドローンレースが開催されるというビックニュースが入ってきました!

東京モーターショー2019で「ドローンレース」開催へ 国際航空連盟が公認 ドローン業界の活性化が狙い

しかも、その記者発表会に登場したゲストがすごいんです!
今回はこれから話題になること間違いなしのドローンレースに関する最新ニュースを紹介しますね♪

 

8月26日に行われた、記者発表会の豪華メンバーについて

2019年10月末から行われる「東京モーターショー 2019」内で行われるドローンレース・カンファレンス「Drone Tokyo 2019 Racing&Conference」の概要説明会が都内で実施されました。
まずはその参加メンバーがすごいんです!

・Drone Fund共同パートナー 千葉功太郎さん
・衆議院議員、今枝宗一郎氏
・A.L.I.Technologies 小松周平氏
・ドローンレーサー しろまいさん

千葉功太郎さんは投資ファンド「Drone Fund」を立ち上げ、エアモビリティ実現のために活動されている
日本を代表とする投資家の一人です。
(エアモビリティとは、空の産業革命を実現させ、「ドローン前提社会」を実現させるための取り組みのこと。まさに国内ドローン業界の最先端を作る人ですね!)

以前の記事でも、ドローンファンドやホンダジェットといった話題を紹介させて頂きました。
ホリエモンやその他著名人と共にプライベートジェットを購入したことは大きなニュースになりましたよね。

本田圭佑さんも大注目!ドローンファンドが30億円規模の投資ファンドをスタート!

「ホンダジェット エリート」のセレモニーにドローンファンド千葉氏、そしてホリエモンも登場!

次に今枝(いまえだ)さんは現職の衆議院議員さん!
空のロードマップ、空飛ぶクルマの実現というビジョンを掲げて国の政策を推し進める方です。
今回のイベントも今枝さんが代表を務める団体によって実現しているんです。

株式会社A.L.I.Technologies代表の小松さんは、
「ドローンをビジネスに転換した男」として知られています。
最新技術を利益を上げるものへと変え、世の中に貢献している方!

さまざまな立場から、日本のドローンの未来を実現へと進めるキーパーソンが集結し、期待しているイベントが
この「Drone Tokyo 2019 Racing&Conference」になるんです。
開催まで2ヶ月あり、概要説明会の段階ですがすでに大きなニュースになっているのもうなずけます。

また、「しろまい」さんは女性ドローンレーサーとして注目の人物!
マイクロドローン「タイニーフープ」を操り、ママとしてもドローンレーサーとしても大活躍中なんです♪

「しろまい」こと白石麻衣さんについては、こちらの記事もぜひご覧ください

女性ドローンレースで注目の「しろまい」こと白石麻衣さんを紹介します☆

ドローンレーサーとしては、他にも上関風雅くんと中尾侑資さんが参加されていました。
上関くんは小学生ドローンレーサー!
そして中尾さんはラジコンヘリの大会でも数々の優勝実績を誇る実力者です☆

カンフェンレンスでは実際に模擬ドローンレースが行われましたが
その場で優勝したのはなんと!小学生ドローンレーサー上関くん!
これからのドローンレースの未来を作ってゆくのは小学生でしょうか☆
なんだかとてもワクワクする展開ですね~!

 

東京モーターショーは世界規模のモーターショー☆

これまでも、どこかで目にし、耳にしたことがあるイベント「東京モーターショー」ですが
調べたところ、かなり歴史の長いイベントでビックリ!
なんと第一回の開催は1954年なので…今年はもう65年目になるんですね。
初期の頃は毎年の開催だったところから、1973年以降は2年に1度の開催となり
次回2019年10月24日は46回目の開催となります。

「世界5大モーターショーの一つ」としても知られているこの歴史ある東京モーターショーで行われる初のドローンレースは
世界に向けた大きなアピールにもなることでしょう!

第46回東京モーターショー2019自体は開催期間が2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝)までの12日間となっており、
ドローンレース自体はが行われるのは11月1日と11月2日
1日が予選で2日が決勝戦となっております。

詳しくは、公式サイトもご覧ください
DRONE TOKYO 2019 RACING AND CONFERENCE
これから公式サイトも充実して来ると思うので、楽しみです☆

すでにレースの参加者も募集しているので、腕に自身のある方はぜひエントリーしてみてくださいね!

 

どういったレースが開催されるのか!?

次に、今回行われるドローンレースの特徴などについて見てゆきましょう。

今回のレースはFAIと呼ばれる国際団体「国際航空連盟」が公認のイベントとなっていますが
国内のドローンレースを公認とするのは今回が始めてとのこと!
FAIは「レッドブル・エアレース」などの世界的な飛行機レースを手掛けている団体なので
世界規模で行われるビックイベントだということが伝わってきますよね!

 

先ほど紹介した衆議院議員の今枝さんは次のように語っていました。

今回のレースを、10~20年後に『ドローン業界の分岐点になった』と評価されるような歴史的なイベントにしたい

ドローンレースは近年世界中で人気上昇中!
その競技人口は100万人以上とも言われていますから、これから日本国内でもブームが生まれてゆくのでしょう☆

 

【告知】ドローンジョプラスもレース、開催します!

さて、私たちドローンジョプラスも明日はドローンレースを開催しますよ!
「第2回トイドローンレース体験会」を8月28日に大崎にて行います☆
今回はゲストに空人SORAJINさんをお迎えし、FPVのデモや講義も行なっていただきます♪
初めてドローンを触る方の為にドローン体験ブースも用意しているので、みんなが楽しめるイベントとなってるんです。

詳細はこちら

こちらのレポートもまた投稿しますので、お楽しみに♪

 

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
他の記事を読む>>ドローンジョブログ
機体についての情報をチェック!>>ドローン図鑑
>>ドローン情報サイトのトップページに戻る
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

TOPへ