飛ばす場所と操縦者の住所が違う場合、どこに無人航空機の許可・承認を申請するでしょうか?
  • 飛ばす場所を管轄する所
  • 飛ばす場所を管轄する所
  • どちらにもしなくてよい
  • 操縦者の住所を管轄する所
結果を見る
飛行させる場所に両局の管轄地域が含まれている場合、申請者(操縦者)の住所を管轄する地方航空局に申請をします。(代理申請の場合も同様です。)ドローンの勉強はDRONE-JO+で♪
結果をツイートする
閉じる