コラム ドローンって??

ドローンはなぜ墜落するのか!?その原因と対策。

2019年05月03日

2019年5月3日 追記
「皇居周辺でドローンが目撃される?」
というニュースが最近話題になっていますが、やはりドローンで怖いのは「墜落するんじゃないか」「安全なの…?」という点ですよね。

今回は以前の記事をご紹介します!
正しい知識と準備を行えば、ドローンは怖くないし、安全です☆
(もちろん場所やルールは守って飛ばしましょう)

 


 

ドローン…夢のある素晴らしいモノではあるんですが、
同時に正しく安全に扱う必要があります。
今回はドローンの安全性や注意点についてのお話!

私たちの将来を変える、ステキな話だけではなく
「そもそもドローンが空を飛ぶってどういう状態!?」
を改めて考えてみましょう。

空を飛ぶものと言えば…

飛行機やヘリコプターなど、もちろん空を飛ぶものを見かけることはありますが
どちらもより大型で、遠く(高いところ)を飛んでいるイメージです。
あまり危険性は感じにくいかもしれません。
けれどドローンの場合、より小型で身近なものになります。

まだ慣れない、ドローンが空を飛ぶ光景

「身近な、数十メートルの高さを飛ぶ小型のドローン」
に私たちはまだ慣れていないですよね。
慣れていないものには不安を感じるものです。

もし何かトラブルが発生して、1kgほどのドローンが何十メートルから落下してきたとしら…
機体もかなりのダメージを受けて使えなくなるでしょうし、人にぶつけてしまい大きな事故になりかねません。

ドローンの事故って実際どのくらい起きるのか?
そもそもなぜ起きるのか?
について調べてみました!

 

ドローンはなぜ墜落したのか!?2つのパターン

大きく分けて、2つのパターンに分けられるそうです。

1)機体トラブル
バッテリー切れや、プロペラの不調などによるトラブルです。

2)電波障害
GPSの不具合、送信機と機体の間の電波

逆に言うと、この2つの事例を知り、
対策を押さえておくことが何よりも大事な点になります。

 

事故を防ぐ!チェック項目一覧♪

・障害物センサーなどが働いているか?(DJI製品などの場合)
・風は強くないか?
・コンパスキャリブレーションは行ったか?
・バッテリーの残量はあるか?
・バッテリーの寿命は大丈夫?

あとは操縦者が落ち着いている状態であることが大事ですね。
事故の原因として、操縦者の慢心かもしくは焦りが考えられます。
「バッテリーはまだ大丈夫だろう」
や、
「少し風は強いがなんとかなる」
などといった判断もそうですが、急な対応としてスロットルを大きく切るようなことも避けて下さい。
思わず逆ハの字に切った途端、緊急停止させてしまったという例もあるそうです!

また、バッテリー不足や電波障害の際に自動的に帰還する機能も備わっているので、こちらも事前にセット方法などを確認しておいたほうが良いですね。
まさかの時に役立ちます☆

 

最新の事故事例について知っておこう!

国土交通省のサイトにて詳しい事例については調べることができます。
無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール
平成30年度 無人航空機に係る事故等の一覧(国土交通省に報告のあったもの)

第三者を負傷させたような事故は発生していないのは幸いですね。
操縦者の操縦経験はおよそ10時間程度がもっとも多く、地方で風にあおられたりなど電波障害が発生したりなどの報告が載せられています。
原因はさまざまですが、やはり先ほどの
・機体トラブル
・電波障害
に該当しますね!

事故の事例なんて見ると、ちょっと飛ばすのが怖くなってしまいますが
情報に触れて、事前準備をしっかりしていれば、素敵なドローンライフも夢ではありませんよ!


 

>>都内で飛ばす方は特に!扱い方やルールなどを学べて楽しく飛ばせる「ドローン勉強会」を行っております♪(東京・大阪)

 

各種コンテンツ

TOPへ