コラム ドローンって??

飛行機の機内にドローンを持ち込む際の注意点!最新のルールを把握しておこう☆

2019年10月12日

関東地方には強力な台風「台風19号」が近づいていますね!!!

この記事を書いているいま(10月11日19時ごろ)はまだまだ日本列島の南の方ですが
これまでに無い強さだと言われています(゚д゚)

「今度の台風は違う!やばい!」
みたいな話は毎年聞く気もしますが、本当に本当に今回のはかなり危険みたいなので皆さま、ご注意を!
私も今朝非常用の水をたくさん買っている方を見て、徐々に意識が高まってきました。

ドローンだけではなくて、こういった生活に必要な情報もしっかりとらないとですね!

さて、そんな台風のニュースもとても気になるのですが
今回はたまたま台風と同時期に耳にした
ドローンの飛行機機内持ち込みルール
についての話題です☆

ドローンジョプラスメンバーの仲間から
「ラグビーワールドカップの開催期間中、ドローンの機内持ち込みが禁止されている!」
という話を聞いたので、調べてみましたー!

9月13日~11月5日の期間は
「ドローンは預け入れ荷物に入れて移動する」
ということですね。
注)200g未満か200g以上かは問わないようです

成田空港の公式サイトにもしっかりと書かれていました

ラグビーワールドカップ2019日本大会開催に伴う保安検査の強化について

ちなみに、これまでのルールはと言うと…
・ドローン本体は預け入れ/手荷物どちらでもOK
・バッテリーは手荷物として持ち運ぶ
というもの。

つまりこれまで気をつけるべき点は1つ
バッテリーの扱い
でした。
もしドローンを事前にカウンターで預ける場合は
きちんと機体からバッテリーを外せばOKだったわけですね。

 

通常
大きい荷物を預ける→手荷物チェック
という順番になると思うので、あとから手荷物NGと言われても困っちゃいそうです、、
その時になって慌てると大変なので、しっかり事前に準備しておきましょう!
どんどんドローンは小型・コンパクトになっていますから、思わず手荷物側に入れて持ち運びしちゃいそうですよね。

また、別のメンバーからも実際にこういった話を聞きましたよ!

東京⇒沖縄の国内便(とあるLCC航空便です)にて…

手荷物預けるときに一応【ドローン入ってます】と伝えたら
→確認が必要です
→かなり待たされる
→係員到着
→その場で荷荷物を開ける
→安全確認完了

また、同時に手荷物側に入れていたバッテリーにもチェックが入り、
係の人が持ち込み可能なものなのかを確認
→ようやくOKがでる

 

 

これらの手続きで合計40分以上はかかっちゃったらしいです。
空港の係員も慣れないことで対応に時間がかかったりすることは予想できますよね。

来年は東京オリンピックも控えていますし、ますます警備も厳しくなりそう!
もちろん、ドローンを持ち運ぶこと自体は問題ではないですし
飛行機の機内でドローンを飛ばすなんて人も居ないと思いますが(絶対ダメですよ!)
人が迷惑に感じるかもしれないこと考えると、繊細に対応したいものですね。

ドローンの持ち運びに限った話ではなく、取り扱い方などは
必ずその場のルールも把握して置く必要がありますね。
みなさん、気をつけましょう☆

各種コンテンツ

TOPへ