コラム ドローンって??

【2019年1月版】疑問と不安はここで解決!ドローンについてのよくある質問☆

2019年01月26日

今回は、ドローンにまつわるいくつかの「よくある質問」について回答してゆきたいと思います☆
いろいろあると思うので、シリーズ化してゆきたいですね♪

まず第一回として、取り上げるのは次の質問から!

Q1 ドローンって、誰でも飛ばせるんですか?
Q2 どんな練習をすると良いですか?
Q3 どこで飛ばせば良いですか?場所を探すコツなど教えて!

では、ひとつずつ順番に見てゆきましょう♪

Q1 ドローンって、誰でも飛ばせるんですか?
A1 免許も資格も無し!誰でも飛ばせます♪

[解説]
2019年1月現在、ドローンを飛ばすために必要な免許や資格などはありません。
なのでどんな人でもチャレンジできるわけです☆
気軽に飛ばしてみましょう!

…と、言いたいところですが「航空法」だけはしっかり押さえておきましょうね!

また、FPVという特殊な手段で飛行させる場合は
「アマチュア無線4級」の資格が必要となりますので、ご注意を!

※ドローンレースなど、ゴーグルを装着してドローンからの映像を直接見て飛行させる状態のことを
「FPV飛行」と呼びます。
「First Person View」の略ですね。

【ドローン基礎知識】飛ばす前に知っておくべきことまとめ。免許は必要?資格ってあるの?

Q2 どんな練習をすると良いですか?
A2 はじめは「ホバリング」の練習をオススメします♪

[解説]
ある程度落ち着いて飛ばせるようになるためには、やっぱり練習が必要ですね。
そのために必要なことは、以前書いた
「ドローンのおすすめ練習法♪初心者必見のテクニックで空撮動画を撮ろう」
という記事を見てみて下さい☆

ドローンのおすすめ練習法♪初心者必見のテクニックで空撮動画を撮ろう☆

また、はじめはトイドローンで練習することが多いかもしれませんが
「ヘッドレスモード」が役に立つかもしれません。
こちらもリンクしておきますね☆

初心者の練習にはとっても助かる「ヘッドレスモード」はやっぱり便利?

 

Q3 どこで飛ばせば良いですか?場所を探すコツなど教えて!
A3 スマートフォンで簡単に探せるけど、はじめは室内、屋内がオススメ♪けどその前に重さをチェックしましょう☆

[解説]
まずは飛ばしたいドローンの重さを確認!200g以上であれば
航空法を守る必要があるだけではなく安全面の配慮も必要となりますから
屋内の施設を利用したほうがトラブルも無く、安心です☆

200g未満のトイドローンの場合、機体のサイズもそれほど大きは無いと思いますので
室内で軽く飛ばすのも良いかもしれませんね!

空撮を行うために外で飛ばす場合には、スマートフォンで飛行可能エリアを探すことができますよ♪
こちらの記事を見てみてくださいね☆

ドローンを飛ばして良いエリアはどこ?スマートフォンで簡単にチェックしよう!

 

他にも色んな疑問があると思うので、次回取り上げてゆきまーす!
お楽しみに☆

 

各種コンテンツ

TOPへ