コラム ドローンって??

急成長する都市、「深セン」で行われるロボットバトル大会♪

2019年06月13日

いま、世界中でも特に急速な発展を遂げている都市の一つ
それは中国の「深セン」

(ちなみに、”ふかせん”ではなく”しんせん”と読みます 笑)

およそ30年で、人口が
「30万人から1400万人」
に増加したそうです。
調べたところ、東京都の現在の人口がちょうど同じくらいみたいですよ!

すごい変化ですね~~

日本とは真逆に、65歳以上の高齢者は2%しかいないそうです(´゚д゚`)
参考記事: 人類史上最速で成長する都市「深セン」で何が起きているのか

発展する都市なので、技術的にも世界の最先端となっています。
聞いた話によると、普通にドローンが飛んでいたり
「バナナの叩き売り」のようにドローンが売られているとか…

 

▼世界から注目される「ロボットバトル大会」
そんな、近未来都市「深セン」にて行われている「ロボットバトル大会」
今回は紹介しようと思います。

きっかけは、こんな記事を見つけたことでした☆

参考記事: 操作はすべて“ドローン目線”!世界的なロボットバトル大会「ロボマス」に日本チーム初参戦

ドローンを通じての映像を見ながら、遠隔操作で戦うとのこと!
中国国内のみならず、ロボット技術の先進国から、様々な団体が参加しているそうです。

どのくらいの歴史がある大会なのかはよく分かりませんでしたが
去年の様子が載せられているサイトがありました。

参考記事: DJI、「ROBOMASTER 2017」をTwitchでライブ配信

さらには、この「ロボマス」を題材としたアニメまで制作されているそうですよ!
これについては、また次回!

▼「ロボマスター2018」プロモーション映像

 

(追記)DJIから、プログラミングを学ぶ教育用ロボット「RoboMaster S1」発表!

(2019年6月13日 追記☆)

上の記事でも書いている「RoboMaster」から、いよいよDJIがロボットを発表したというニュースも入ってきました!

DJI、教育用ロボットRoboMaster S1発表。ゲル弾での対戦も可能

DJI、“地上を走る”戦車型教育用ロボ「RoboMaster S1」。対戦プレイも

事前に少し噂が出ていたこともあって、レース用ドローンが発売される?
なんて声も上がっていたのですが、予想外の展開になってビックリです(゚д゚)!

しかし、DJIが提供するこの商品はただのロボットではない~!

ScratchとPythonを使い動作をプログラムすることで対戦ができ、ロボット工学技術を学ぶことにつながる、「教育用ロボット」なんです♪

日本での直販価格は64,800円(税・送料込み)

各種コンテンツ

TOPへ