読みもの

【世界で活躍する女性】ドローンによる植林で気候を変える、「スーザン・グラハム」さん☆

2018年04月17日

「世界で活躍する女性」を取り上げるコーナーがこれからスタートします!
まず第一回は地球の気候を変える‥壮大なビジョンを持つプロジェクトのニュースです☆

AIとドローンで森林破壊を止める 博士卒の女性起業家

 

世界中で進む森林の破壊を食い止め、解決するために
「ドローンで植林」
を行うというプロジェクトが立ち上がろうとしています。
しかも、その中心は女性起業家!

経験豊かな女性起業家は、まだ20代!

URL: https://www.biocarbonengineering.com/team

スーザン・グラハムさんは現在ベンチャーの「バイオカーボン」社で最高技術責任者を務める方で
以前は機械工学やバイオメディカル・エンジニアリングという分野を学ばれていたそうです。

このバイオメディカル・エンジニアリングというのは、生物・医学・工学など複数にまたがる領域を扱うような研究で
幅広く細分化された現代こそ、特に大事になってゆく考え方だと言えるでしょう。

大学在学中から多くのスタートアップに参画した彼女は、バイオカーボン社を設立
現在はドローンやAIの技術を利用した活動を行っているとのことです。

経営のスタートは、14歳から?

「私自身を突き動かすものは、技術よりも持続可能なビジネスモデルを構築すること」
と、グラハムさんは語っていますがそのスタートとなるのはなんと14歳!
学校の課外授業で牛のミルクを売る際に「製品を知る」「市場を知る」など、ビジネスのために必要なことを学び取ったと言います。
その後学生時代にも多くのチャレンジを繰り返し、経験を積んできたようですね。

地球スケールの問題を解決するために、ドローンやAIの力が必要!

いま、グラハムさんが経営者と思うところは
「大きなスケールの問題を解決したい」
という点にあるそうです。

世界規模で進む森林の破壊は、確かに大きなスケールの話ですよね‥(゚д゚)

森林破壊は長く議論されている問題になるかと思いますが、今回グラハムさんが注目したのは
「ドローンが地形を把握し、最適な植林の経路を算出する」
という可能性です。
これはAIや、ビッグデータの取扱い、画像認識技術の向上など、色々な技術の発展によるものでもあります。

ところで、地球規模で大きな結果を作るためには、
いったいどれだけ植林を進めてゆく必要があるのでしょうか?
さすが経営者グラハムさん、目標を定めていました。

その目標は‥‥‥‥5000億本!!   ひゃー!!

これにより、二酸化炭素のバランスが整う、と
予測が立てられているそうです。
5000億本なんて、気の遠くなるような数字ですが、その壮大なビジョンがあるからこそ
様々な協力者にも恵まれているようですね。

技術と起業を結びつけ、チームを作り大きな目標を達成してゆく

技術と起業という世界はなかなか相容れないものというイメージもありましたが
グラハムさんの活動を知ってゆくと多くの優秀な人を巻き込んで目標に向かってゆく姿がイメージできます。
知識や才能の集まりに触れること、そして優れた人材と力を合わせて物事を進めてゆくことなどが
大きなビジョンの達成のためにカギとなってゆくんでしょうね。
天才たちが集まり、世界を変えてゆくってカッコイイ!

素晴らしい人物と知識、そしてドローンを始めとする技術の集合によって、
未来は大きく変わってゆこうとしています!
これからもあっと驚く革新が待っているかもしれません☆

今後も日本だけではなく、世界というフィールドで活躍する女性をどんどん紹介してゆきますね!

各種コンテンツ

TOPへ